写経

【写経の書き方の見本】願文・右為・日付・住所・名前の書き方まとめ!

写経の最低限の書き方をまとめました。願文、右為、名前、が悩まずスラスラ書けるようになりますよ。スタンダードなものを覚えておけばいくらでも応用ができます。参考にして下さい♪

 写経の「願文」の書き方

願分とは願い事のことです。どんな目的のために写経をしたのでしょうか?写経をし終わったらぜひ願文を記して完成させましょう。

書き方は、「為 ○○○」または「右為 ○○○」です。○○○に商売繁盛や安産祈願などお願い事を書きます。

 写経の「日付」の書き方

日付は願文の次の行に書きます。年は西暦でなく元号で書くようにしましょう。

 写経の「住所」の書き方

住所は日付の次の行に書きます。どこまで詳細に書くかについては、部屋番号などまで正確に書くのが好ましいです。書き方そのものにはこだわる必要はありません。

 写経の「名前」の書き方

名前は住所の次の行に書きます。これも書き方そのものにはこだわる必要はありません。

 まとめ

願文以下の書き方はいろんな方法があるため、もっともスタンダードなものだけをまとめました。これだけ知っていれば慌てることもありません。あとはその場の状況に合わせて臨機応変に対処しましょう。

 

-写経
-, , , ,

Copyright© 京都365ねっと , 2020 All Rights Reserved.