光明院の撮影マナーまとめ

京都の光明院様に取材をさせていただき、撮影マナーをまとめました。併せて、アクセスなどの基本情報や参考サイトもご案内。マナーを守りながら上手に撮影して、素敵な旅にして下さい。

 ギャラリー

画像提供:光明院

 

 撮影マナーについて

1.撮影で禁止されているモノや事柄………商業写真(着物レンタル業者など同伴等)、三脚。

2.撮影禁止の場所やモノ………墓地。

3.撮影可能な場所やモノ………庭園、屋内。

4.ハイシーズンに追加で禁止になる場所やモノや事柄………変更なし。

5.その他………玄関で靴を脱ぎ、庭に降りないこと。

 

 撮影マナーの詳細

印は「×禁止」「△一部禁止」「○可能」「―該当なし」です。記載のないものは、「要問合せ」です。

1.三脚・・・×

2.一脚・・・×

3.脚立・・・×

4.レフ板・・・×

5.大型の照明器具・・・×

6.カメラ内蔵フラッシュ・・・○

7.自撮棒・・・△

8.ドローン・・・×

9.カメラマン同行の撮影・・・△

10.事業者同行の撮影・・・△

11.その他ロケーション撮影全般・・・△

※△9~11は事前に許可が必要

12.結婚式の前撮り・・・×

13.ドレス等での撮影・・・×

14.商業利用のための撮影・・・×

15.メディアによる取材・撮影・・・△

※△15は事前に申請し許可が必要

16.お庭の撮影・・・○

17.墓地の撮影・・・×

18.池にかかる橋の上からの撮影・・・ー

19.人の流れが遅滞する場所での撮影・・・ー

20.一ヶ所に留まる行為・撮影・・・○

21.立入・進入禁止区域に入る行為・撮影・・・×

22.その他まわりに迷惑になる行為・撮影・・・×

23.襖絵の撮影・・・ー

24.仏像の撮影・・・○

25.天井の撮影・・・○

26.写経道場内の撮影・・・―

27.宝物殿内の撮影・・・―

28.その他屋内の撮影全般・・・○

29.帽子やサングラスのままで参拝・・・○

30.室内に土足であがる・・・×

31.室内に素足であがる・・・○

32.庭におりる・・・×

33.襖や障子にさわる・・・×

34.調度品にさわる・・・×

35.その他モノに触れる行為全般・・・×

お寺からのメッセージ

法要中は1時間ほど本堂のみ入れなくなりますので、読経が聞こえたら本堂へは入らぬようにお願いします。また、事業者やカメラマン同伴による商業目的の無許可撮影が多々あり、他の拝観者が撮影に気を遣って困っているとこを見かけます。結婚式の前撮りも禁止しております。

 

 基本情報

拝観時間・・・8:00~日没まで

拝観料・・・志納金300円くらいを玄関の竹筒に入れる

休日・・・なし。台風などで拝観休止の場合があります

アクセス・・・京阪の鳥羽街道駅から徒歩7分

 

 最後に

事前に撮影マナーが分かると便利ですよね!情報を上手に活用して京都の旅を楽しんで下さい

 

GoToトラベル(一休.com)

GoTo Eat(一休.comレストラン)




Copyright© 京都365ねっと , 2020 All Rights Reserved.