撮影マナー

永観堂の撮影マナーまとめ

京都の永観堂禅林寺様に取材をさせていただき、撮影マナーをまとめました。併せて、アクセスなどの基本情報や公式サイトもご案内。マナーを守りながら上手に撮影して、素敵な旅にして下さい。

 ギャラリー

 

 撮影マナーについて

1.撮影で禁止されているモノ………カメラの三脚・一脚・ドローンでの撮影・ウエディングドレス等寺院に相応しくない服装での撮影(近年外国人の方が多いです)を禁止しています。

2.撮影禁止の場所………堂内に安置されている仏像や襖絵。堂内はすべて不可です。

3.撮影可能な場所………庭園は撮影可能です。但し、苔や結界(進入禁止の衝立)を跨いでの撮影は不可です。マナーを守った撮影をお願いします。

4.ハイシーズンに追加で禁止になるものや場所………自撮り棒での撮影は混雑時はお断りしてます。また、橋の上など人の流れが停滞する場所での撮影は禁止です。とくにライトアップは大変危険です。池にかかる橋の上からの撮影はお断りしています。当然ですが、寺宝展で展示している絵画等は撮影禁止です。

5.その他………法要等で拝観が出来ないお堂等がございます。また、自然災害で拝観を停止することもあります。その他詳細は当山のホームページをご覧下さい。

 

 基本情報

拝観時間・・・9:00~17:00(16:00受付終了)

拝観料・・・通常600円

休日・・・なし

アクセス・・・市バスの「南禅寺・永観堂道」から徒歩3分

 

 最後に

事前に撮影マナーが分かると便利ですよね!情報を上手に活用して京都の旅を楽しんで下さい。

 

-撮影マナー
-,

Copyright© 京都365ねっと , 2020 All Rights Reserved.