「細見コレクション-琳派と若冲-」展(細見美術館)~12月20日

細見美術館では、現在、細見コレクションの展覧会が行われています。圧倒的な人気を誇る「琳派」と「若冲」、そして桃山陶芸の「志野」と「織部」を見ることができます。概要をご紹介します。

細見コレクションについて

大阪を拠点とした実業家、細見良 (初代古香庵 1901-1979 )の美術品蒐集がはじまりです。

平安・鎌倉の仏教・神道美術をメインに、茶の湯釜、根来、水墨画、絵巻などを蒐集。続く、嫡子・實(2代古香庵 1922-2006)は桃山・江戸時代の絵画を蒐集。

当時あまり知られていなかった若冲や江戸琳派も注目し、多彩なコレクションが形成されていきました。本展覧会でその一部を見ることができます。

展示品のギャラリー

琳派

 

 

 

 

 

 

 

酒井抱一「鹿楓図団扇」 細見美術館

池田孤邨「四季草花流水図屛風」 細見美術館

若冲

 

 

 

 

 

 

 

 

伊藤若冲「花鳥図押絵貼屛風」(部分) 細見美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

伊藤若冲「雪中雄鶏図」 細見美術館

桃山陶芸

 

 

 

 

 

 

「織部千鳥文手付四方鉢」 細見美術館

展覧会の基本情報

展覧会名 「細見コレクション-琳派と若冲-」展
会期 開催中~~12月20日(日)
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合、翌日)
入場料 一般1,300円 学生1,000円
会場 細見美術館

GoToトラベル(一休.com)

GoTo Eat(一休.comレストラン)




Copyright© 京都365ねっと , 2020 All Rights Reserved.